1. HOME >
  2. 概要 >
  3. 沿革

沿革

昭和6年 5月
  • 大阪大学理学部は、大阪帝国大学発足と同時に医学部と共に大阪市北区常安町(現北区中之島4丁目)に創設
history-photo01
昭和6年5月開学式
history-photo02
旧理学部 中之島
昭和7年 10月
  • 数学、物理学、化学の3学科発足
昭和8年 4月
  • 理学研究科は、旧制大学院学生受け入れ
昭和24年 6月
  • 生物学科新設
昭和27年 4月
  • 生物学科大学院学生受け入れ
昭和28年 4月
  • 数学系1、物理学系3、化学系2及び生物学系2の計8専攻で新学制による理学研究科修士課程発足
昭和30年 4月
  • 博士課程の学生受け入れ
7月
  • 附属原子核研究施設(昭和53年度原子核実験施設)設置
昭和31年  
  • 附属蛋白質研究施設(昭和33年蛋白質研究所)設置
昭和34年 4月
  • 高分子学科新設に加え、理学研究科博士課程が発足
  • 極低温実験施設(昭和46年低温センター)設置
昭和38年 4月
  • 高分子学専攻新設
昭和39年 4月
  • 理学部が豊中地区へ移転を開始(昭和41年3月に移転完了)
  • 理学部本館建設工事中に「マチカネワニの化石」を発見
history-photo04
マチカネワニ化石
昭和41年 4月
  • 物理学系3専攻(原子核宇宙線学、物性学、物理実験学)を物理学専攻に統合
昭和54年 4月
  • 附属化学熱学実験施設(平成元年度ミクロ熱研究センター・平成11年度分子熱学研究センター・平成21年度構造熱科学研究センター)設置
昭和55年 4月
  • 超強磁場実験施設(昭和62年度極限物質研究センター・平成8年度極限科学研究センター・平成18年度極限量子科学研究センター・平成26年度附属先端強磁場科学研究センター)設置
平成3年 4月
  • 宇宙・地球科学科新設
平成6年 4月
  • 数学、物理学、化学、生物学、高分子学、宇宙・地球科学の6学科教養部廃止と共に、理系教官の大部分が理学部に合流し、入学から卒業まで一貫教育を行う体制が確立
平成7年 4月
  • 宇宙地球科学専攻(修士)新設
平成8年 4月
  • 大学院重点化が行われ数学専攻(6大講座)、物理学専攻(5大講座)、化学専攻、生物科学専攻、高分子科学専攻及び宇宙地球科学専攻(3大講座)の6専攻からなる新しい理学研究科が発足
平成9年 4月
  • 宇宙地球科学専攻(博士)新設
平成11年 4月
  • 附属原子核実験施設の大学院附属化(学部から研究科へ移行)
平成16年 4月
  • 国立大学法人大阪大学に移行
平成18年 4月
  • 生物学科は、生物科学科に名称変更
平成20年 4月
  • 生物科学科に生命理学コース新設
平成23年 10月
  • 附属原子核実験施設が核物理研究センターと統合
  • 附属基礎理学プロジェクト研究センターの新設(平成27年7月 拡張改組)