1. HOME >
  2. 概要 >
  3. メッセージ

メッセージ

常深 博
大阪大学大学院理学研究科長 理学部長
常深 博

大阪大学は地元財界の全面的な財政的支援を受け、帝国大学令に従い昭和6年に帝国大学として創設されました。当初は、医学部と理学部の2学部でスタートしましたが、昭和8年に工学部を加え、3学部からなる総合大学となりました。理学部は塩見理化学研究所を母体として誕生し、土星型原子模型を提唱したことで有名な長岡半太郎初代総長、漆の研究で有名な眞島利行理学部長の下、代数学の正田建次郎、八木アンテナを発明した八木秀次、X線構造解析の仁田勇、原子物理学の菊地正士などの諸先生が集い、若々しい理学部の活発な研究活動を支えました。その後、湯川秀樹博士が若い講師として加わり、大阪の街から世界に冠たる中間子理論を発表し、日本最初のノーベル賞を受賞されました。それから現在に至るまで、理学部は、『勿嘗糟粕(そうはくをなむるなかれ)』という長岡半太郎博士の言葉を精神的規範とし、世界に先駆けた独創的な研究と教育を続けています。

テスト用画像
長岡半太郎博士の揮筆によるもので
「勿嘗糟粕」 糟粕(そうはく)を嘗(な)むる勿(なか)れと読み、
“ つねに創造的であれ” といった意味である。

現在の理学研究科・理学部は、6専攻4学科からなり、約220名の専任教員、約1200名の学部学生、約900名の大学院生を擁し、大阪大学の中でも大きく、中核的な部局の一つです。平成16年度の国立大学法人化の際には、迅速な意志決定を行うべく、それまでの教授会の機能の一部を専攻長・学科長合同会議で代行することを決めました。また、研究科長と5名の副研究科長及び事務長、事務長補佐から構成する企画調整会議をスタートさせ、そこでは研究科の管理運営に係る企画や研究科長裁量経費の配分などについて具体の立案を行っています。

平成23年10月1日には、基礎研究の中から、大型プロジェクトとして推進されるような、発展性の高い研究を支援する教育研究施設として、『基礎理学プロジェクト研究センター』を設立し、幾つかの大型プロジェクト研究を活発に進めています。また、平成25年度入試から、アドミッションポリシーに沿った学生の入学をさらに促進するため、学部入試制度を大幅に改定しました。つまり、既に実施していた国際物理オリンピック入試制度を拡充した国際科学オリンピックAO入試と研究奨励AO入試の新設です。さらには後期日程入試を廃止し、前期日程一般入試に挑戦枠を導入しました。一方、大学内の建物に対する耐震化工事も順調に進み、平成26年度には理学部E 棟まで終了しました。今後は、基礎理学プロジェクト研究センターの改築などを行い、すべての耐震改修が完了します。

運営費交付金が年々削減される中、科学研究費補助金や様々な競争的外部資金を獲得して、教育・研究に必要な資金を確保しています。しかし、このような競争的外部資金は短期間しか支援が続かないため、長期的な教育・研究プログラムを進めにくいという側面もあり、自由な発想による研究やボトムアップ的研究が阻害されかねません。このような中、本研究科は自由な発想に基づきしっかりと足をつけて理学の研究・教育を維持発展させるため、落ち着いた、そして慣性の大きい理学部的雰囲気を維持すべく努力しております。また、学生や院生が、研究に邁進し成果を挙げる教員を目の当たりにすることで、世界第一線で活躍できる次世代の研究者や、高い科学リテラシーを持ち社会の指導的立場に立つリーダーに育っていくことに繋がります。基礎から応用まで広い分野の科学が共存している本研究科であるからこそ、新しい学問の創出も可能であり、将来のための知の結晶を生み出すことができると考えています。