1. HOME >
  2. 附属施設・教育研究支援組織 >
  3. 基礎理学プロジェクト研究センター

基礎理学プロジェクト研究センター

オープンラボや放射線等特殊環境を擁する研究施設

理学部・理学研究科は、基礎理学を担う部局として、初代総長 長岡半太郎博士の「糟粕を嘗むる勿れ」をモットーに、世界に先駆けた基礎理学研究を行い、新たな知の発見と物質観の創成を行うとともに、次世代の基礎科学を担う研究者をはじめとして、理学の素養をもとに社会の様々な分野でリーダーとして国際的に活躍する人材を育成することを目的としています。

それゆえ、理学研究科における研究活動は、個人の自由な考えや独創的な発想による長期的視野に立った基礎的研究や萌芽的研究が主要なスタイルとして進められてきています。
それらの中から大きな成果が得られ、さらに発展が期待される研究は、大型の競争的資金や、企業などとの産学官連携活動で支えられることになります。
このようなプロジェクト研究は、人と設備を短期的に投入して実施する必要があるため、従来の理学研究科のスタイルには馴染みにくいものでした。

しかしながら、このようなプロジェクト研究を理学研究科で支えることは、基礎理学をさらに発展させる一つの方向であると考え、大型のプロジェクト研究、産学官共同研究などを行う施設として、オープンラボや放射線等特殊環境を擁する研究施設『基礎理学プロジェクト研究センター』を平成23年10月1 日付で設立しました。

旧附属原子核実験施設(同日付けで核物理研究センターと統合)の建物を整備し、専攻および部局の枠を超えた新たな学際的研究、基礎理学のプロジェクト研究、これらの研究に係わる産学官の連携、および理学研究科の放射線管理を行うために、「学際理学部門」、「プロジェクト研究部門」、「産学連携部門」、「放射線管理部門」の4部門を設置し、スタートしました。

photo01-代表的なプロジェクトのイメージ図photo02-基礎理学プロジェクト研究センターの玄関

左図:代表的なプロジェクトのイメージ図

右図:基礎理学プロジェクト研究センターの玄関