1. HOME >
  2. 学部 >
  3. カリキュラム

カリキュラム

理学部の教育理念

理学部では、大阪大学全体の教育理念(教養、国際性、デザイン力)の基に、学生の皆さんが理学的な考え方と自然に対する直観力を養いながら理学の専門知識を身につけていくことを目指しています。
皆さんが自然に対する柔軟な発想と的確な判断力をもち、社会に貢献できる人材に育つことを目標に教育を進めています。

理学部の4年間

1年次では授業クラスは全学科の混成で構成されており、理学部全体で共通のカリキュラムを履修することになります。
この時期は、学科を超えた友人が出来るよい機会です。

2年次前半まで専門基礎教育科目として「理学部コア科目」を受講します。
数学、物理学、化学、生物学全ての基礎になる重要な授業と実験が必修科目として、少し専門性が高い科目が選択科目として配当されています。

3年次で各学科での専門の実験、そして4年次では4つの研究室に分かれ、個別指導による卒業研究に至ります。

1年次
1年次のカリキュラムイメージ
理学部の教育理念に沿った「理学部コア科目」

入学した皆さんは、人文科学や社会科学、外国語、情報処理教育科目などの共通教育系科目に加え、1年次から2年次前半まで全学共通教育科目の専門基礎教育科目として「理学部コア科目」を受講することになります。

「理学部コア科目」は全学共通教育科目に含まれる専門基礎教育科目のなかで、特に理学部の学生の皆さんに提供されている、理学部の教育理念に沿った講義・演習・実験科目で、理学部教育の特徴となっています。

木曜企画
木曜日の午後に開講されています各学科に「木曜企画」と総称するセミナー形式の専門科目。
少人数グループで行うセミナー形式の学生参加型の授業で、教員と密に接することが出来る機会です。
2-3年次
2-3年次のカリキュラムイメージ
スムースに高度な専門的知識が得られるように工夫された専門科目

各学科の専門科目は基本的に2年次から始まりますが、どの学科でも基礎概念の理解と考えることを重視した幅広い専門教育が行われます。

初めはコア科目と専門科目を繋ぐような基礎実験や演習科目が配置され、スムースに高度な専門的知識が得られるように学科ごとに工夫されています。

生命理学コース
生物科学科では、さらに発展が期待される生命科学を担う次世代の人材の育成を目指し、従来の生物科学コースと別に生物科学科の中に設置されました。この図で示されているように、物理学、化学、数学を充分学んで生命科学にアプローチするという新しい教育の試みです。
4年次
4年次のカリキュラムイメージ
4年間を通して実験を重視

実験は自然科学を学び研究する上で、重要な手段として理学部では重視しており、1年次のコア科目「自然科学実験1」(数学も含む全分野の基礎的実験)に始まり、3年次の各学科での専門の実験、そして4年次の配属研究室での個別指導による卒業研究に至るまで、一貫して実験や実習・演習が配置されています。

また学部教育を終えた学生のほとんどは、大学院に進み、より高度な教育研究を続けています。

詳しい授業科目区分などについてはパンフレットでご確認ください。

通常科目では学べない実践重視の教育プログラムも用意

知的能動性をはぐくむ理学教育プログラムや理数オナープログラムなど、理学部では全国の大学の手本となるような、文部科学省に支援されてはじまったプログラムも複数進めています。